一攫千金が狙える仕事

ベーリング海のカニ漁

一昔前には、借金まみれの人はマグロ漁船に乗せられるとかいう話がまことしやかに囁かれていました。体を使った過酷な漁に耐えられるのなら、ほかにいくらでもお金になることはあるような気がします。最近では、ベーリング海でのカニ漁が人気みたいです。

 

船を持っていれば、1回の漁で億を超える収入になるようです。ただ、多くのひとが殺到する反面使い物になる人はここでもひとにぎりなんだそうです。多くの体力自慢がアメリカ中からアラスカに行くようですが、若さがないとなかなかついていけないみたいです。

 

人間死ぬ気になればなんでもできるものだなどと言われますが、やはり無理が効くのは若いうちだけみたいですね。

 

 

海に落ちたらまず助からないですし、実際に毎年ベーリング海で遭難する船はあとを絶たないそうです。それでも船に乗る希望者があとを絶たないのは、たった3ヶ月の漁の期間で1000万円近くの収入が得られるからだそうです。大きな船であれば、1シーズンで数十億円分の水揚げといいますから大変なものですね。

まずは、着実に使うお金を減らしてしっかり貯金したいものですね。
一攫千金には、危険がつきものですから。